個別学習指導塾『正学館』公式BLOG

―偏差値50台から国公立、早慶上理も夢じゃない!―

一人ひとりを完全サポート!
千葉県市川市・船橋市・柏市内に展開中。
地域密着型個別学習指導塾『正学館』のスタッフブログです。

↓↓↓ 紹介動画 公開中! ↓↓↓

▼合格者インタビュー♪第八弾! | 個別指導塾 市川 船橋 柏 正学館

♪合格者インタビュー♪

徐々に暑くなってきましたね。
初夏というよりももう体を半分「夏」に入れてしまった、
そんなイメージです

さて皆さん、今年はどんな夏にしたいですか?
友人とたくさん遊びますか?
ご親戚のお家や別荘に避暑に行きますか?
それとも・・・・・・塾の夏期講習を受けますか?

目標があるからこそがんばれる。
目標のためになら何かを犠牲にできる。

そんな勇気のある人は、周囲のライバルよりも一歩以上先に
進んでいるのだと思います。

皆さんの夏が、有意義なものになりますように・・・


さて、今回は、中学受験という壁を見事に乗り越えた生徒さんを
ご紹介します!

とっても頑張り屋さんで、高校受験生にも負けないくらい
たくさん勉強していました!!

そんな川端さんへのインタビュー、
どうぞご覧ください

_______________________________________________________________________________________

【昭和学院中学校合格!】
氏名:川端 美沙希さん
出身小学校:冨貴島小学校
所属校舎:東菅野校


川端さん
やったね!!

Q.1 いつ頃から正学館に通い始めましたか?

A.1 小学5年生の3月からです。

Q.2 正学館に通おうと思ったきっかけは何ですか?

A.2 受験のためです。
    お父さんやお兄ちゃんが私立の学校に行っていたこと、
    学校の周りの皆も結構受験していたことから、
    小学6年生になる頃には自然と受験する気持ちになっていました。

Q.3 受験勉強をしてきて、あなたができるようになったことはなんですか?

A.3 円の面積などの難しい問題が解けるようになりました。
    自分でも結構頑張れたなと思えるくらいたくさん勉強しました。

    一番すごい時は、週に5回塾に来て、月曜、水曜、土曜は授業を、
    火曜、木曜はSTというプリント学習をやりました。
    夏期講習では、本当に毎日3時間授業を受けていました。
    時々、「あーっ」って声が出ちゃうくらい疲れてしまうこともありました。

    でも、やっぱり受かりたい、という気持ちが大きかったので
    どんなに大変でも頑張ろうと思いました。

    あと、これはナイショですが、合格すれば携帯電話を買ってもらえるから
    頑張れた、というのもありました(笑)。
   
                  
面談ルームです
よく先生とここでお話ししました!

Q.4 正学館に通って良かったなと思うことは何ですか?

A.4 志望していた中学校に合格できたことです。
    行きたいところに行けて、本当に良かったと思います。

    また、明るくておもしろい先生もいっぱいいて、
    質問もたくさんできたので良かったです。

    夏休みにスタンプラリーをやったりしたのも
    面白かったです。


Q.5 将来の夢は何ですか?

A.5 私の夢は介護士さんになることです。
    人の役に立つことが好きだし、人と関係を持つことで
    もっと私は明るくなれます。
    そうして友達のように付き合える人が増える、そんな仕事がしたいです。
    なので、介護士になるための勉強ができる大学に入りたいと思っています。

Q.6 正学館をひと言で言うなら?

A.6 「明るい塾」です!


_______________________________________________________________________________________


川端さん、ありがとうございました!!

目標のために、ひたすら頑張ってくれました
これからも大きな夢に向かって頑張りましょう



合格者インタビュー、まだまだ続きます

次回をお楽しみに…



合格者インタビュー第一弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第二弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第三弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第四弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第五弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第六弾はこちらをクリック★
合格者インタビュー第七弾はこちらをクリック★


体験授業のお問い合わせはこちらをクリック!
メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

該当の記事は見つかりませんでした。