個別学習指導塾『正学館』公式BLOG

―偏差値50台から国公立、早慶上理も夢じゃない!―

一人ひとりを完全サポート!
千葉県市川市・船橋市・柏市内に展開中。
地域密着型個別学習指導塾『正学館』のスタッフブログです。

↓↓↓ 紹介動画 公開中! ↓↓↓

▼正学館高等部通信 | 個別指導塾 市川 船橋 柏 正学館

■■正学館高等部通信■■

突然ですが皆さん、「東進衛星予備校」ってご存知ですか??

東進衛星予備校は、プロの予備校講師陣による映像授業を主体とした
画期的な予備校です
教えてくれる講師は、とっても有名な先生たちばかり。
そんな講師の先生の授業がパソコンやDVDを使って
個別に受講できてしまうんです!!


詳しい説明はこちらをクリック!

東進衛星予備校HPはこちらをクリック

正学館でもこのVOD受講がとっても好評なんです
有名な講師の先生の授業を個別で、じっくり聞ける事、
映像授業だから、もう一度聞きたい箇所をまき戻して聞いたり、一時停止をしたり
自分のペースで勉強できます!

さらに、風邪を引いてしまって塾に来られない・・部活が忙しくて・・と
スケジュールが合わないときは自宅でも受講が可能です

自分のペースを掴んでコツコツと勉強できるのが最大の魅力なのです。


今回は東進衛星予備校をもう少し詳しく知ってもらうために、下総中山駅南口校をご紹介します。
下総中山駅南口校は今年の2月に出来たばかりの新校舎
だからとっても綺麗な環境で勉強できちゃいます
しかも、JR総武線「下総中山駅」から徒歩一分という近さなんです!


東進衛星予備校です♪
扉の向こうに、個別ブースがあります


個別だから自分のペースで出来ちゃうんです!
実際の生徒さんの勉強の様子です。
個々にブースが区切られているので集中できます


綺麗な校舎でお勉強・・・。
広々とした教室でゆったり勉強が出来ます

今日は誰が来るのかな??
生徒さんの登下校はパソコンで管理!登下校を保護者の方にお知らせするサービスもあります


よし!今日もがんばるぞーっ!
ちなみに・・・併設している個別指導の教室が隣にあります



東進衛星予備校には毎日大学合格を目指して高校生が通っています。
大学合格のために少しでもみんなの力になりたい・・・
ということで夏休みから、正学館オリジナルイベントとして
高校生を対象としたボキャブラリーコンテストを実施しました!!!

ボキャブラリーコンテストって何だろう??
そんな疑問を校長先生の桐原先生にインタビューです!


桐原さん5

下総中山校校長の桐原えりか先生です
時には厳しく、時には優しいしっかり者の先生です

それではよろしくお願いします。

Q1:ボキャブラリーコンテストとは何ですか?

A:簡単に言えば、単語や熟語のテストです。
・英単語FORMULA1700
・英単語センター1500
・英熟語センター750
(いずれも東進ブックス)
この英単語、熟語の参考書に載っている全ての単語を毎回単語テストをして、
覚えている単語・覚えていない単語を確認できるようにしています。

一回目が終了したら、二回目、三回目、と何度も何度もテストを繰り返します。

今日はどのくらい覚えられたかな?
                実際の解答用紙です

Q2:ボキャブラリーコンテストをやろうと思ったきっかけは何ですか?

A:英単語は一人で勉強するのが難しいという人も多いので、
英単語を勉強する習慣をつけて欲しいからです。
また一人で勉強して単語を覚えられても
本当に覚えきれているのか確認する事が必要だと思いました。
ボキャリーコンテストをやることで、単語が覚えられているかのチェックにも
なるからです。
何よりも基礎知識をしっかり頭に入れてもらいたいという気持ちが強いです。
基礎知識なしで志望校への合格は難しいですからね。

桐原先生どうもありがとうございました!

実際にボキャブラリーコンテストをやってみての感想を生徒の皆さんにも聞いてみました。

進衛星予備校下総中山駅前南口校
T・Iさん(高3)

単語をたくさん覚えられました。あいまいに覚えていた単語を自覚することが出来ました

Y・A君(高3)
わからない単語を知ることが出来ました。意味がわからない単語が長文問題で出ても推測できるようになり、文章をスラスラ読めるようになりました。

S・Nさん(高3)
単語を覚えるきっかけになりました。講座を受講していて、今までは分からなかった単語の意味が出てきたりすると知らない間に実についていて単語の力がついたと思いました。

T・Uさん(高3)
単語があまり覚えられていない事が実感できました。

生徒の皆さんありがとうございました

志望校に向けて頑張るぞ!
               みんなで一緒に頑張ろう


基礎学力を育てることはとっても大切なこと。
スポーツだって、初めは基礎体力をつけてから始めますよね。
英語を勉強する上で大切なのは「単語力」。単語を多く知っていればそれだけ、
長文だって早く、正確に読むことが出来ます。

現在、中高の6年間を通じて学ぶ単語数は
2200字~3000字と言われています。
しかし2009年の大学入試における出題単語数は
センター試験で4364字も出題、早稲田大学政治経済学部では4113字出題されています。
(東進タイムズより)

このデータからも分かるように
単語は学校で習っている数だけでは足りません。
自分で勉強して覚えていくことが非常に大切です。
これが基礎学力となり、志望校合格への第一ステップとなるのです。
ボキャブラリーコンテストは、その基礎学力を鍛えるために実施されているんですね。


声に出して読んでみよう
英語は実際に音読して覚えることも大切!と言う事で下総中山校には音読ルームもあります

誰にも聞こえない!
防音設備が整っているので外に音が聞こえる心配もありません

ボキャブラリーコンテストはまだまだ開催中!!!!
受験する仲間が周りに居るから頑張れる!
受験の不安、悩み、何でもご相談ください。

お問い合わせはこちらをクリック

東進衛星用予備校に関してはこちらをクリック

高校生のカリキュラムに関してはこちらをクリック

‘‘生徒の一日’’に関してはこちらをクリック

合格者インタビュー(大学受験編)はこちらをクリック
該当の記事は見つかりませんでした。