個別学習指導塾『正学館』公式BLOG

―偏差値50台から国公立、早慶上理も夢じゃない!―

一人ひとりを完全サポート!
千葉県市川市・船橋市・柏市内に展開中。
地域密着型個別学習指導塾『正学館』のスタッフブログです。

↓↓↓ 紹介動画 公開中! ↓↓↓

▼校長先生の素顔 | 個別指導塾 市川 船橋 柏 正学館

■■校長先生の素顔■■

正学館は2001年に「北国分駅前校」が建てられてから
校舎数を増やし続け、今では7校舎にまでなりました

正学館の7つの校舎に欠かせない存在、それは校長先生です。
校長は教室の顔。
7つの校舎の校長先生それぞれに
生徒の皆さんを思う気持ち、教育に対する思いなどがあります

そんな校長先生の心の中をちょっぴり覗いてみましょう!
と言うことで今回は「校長インタビュー」と題しまして
校長のご紹介をさせていただきます。

第一回目に登場していただくのは・・・・
船橋夏見台校校長
三門誠先生です!

眺め、最高です!!!

船橋駅からバスで10分、船橋夏見台校です

船橋夏見台校です!!!.
階段を上がってみると入り口があります


インタビューの前に三門先生のプロフィールをご紹介です。

出身大学:國學院大学経済学部
趣味・特技:兎とのコミュニケーション
目標:全ての生徒さんの自立・自律の実現
夢:学習塾と野球教室のコラボ
座右の銘:臥薪嘗胆


さて、いつもはインタビュー形式のご紹介が
多いのですが・・・
今回はストーリー風に三門先生の熱い思いをご紹介しちゃいます。

教育に対する思いなら負けません!

船橋夏見台校校長、三門誠先生です

それでは三門先生の、これまでのあゆみを
ご紹介いたします。

『学校ではできない。集団塾ではできない。自己成長のための勉強。』
~正学館 船橋夏見台校校長三門誠の思い~

求められる教育とは。

いま、教育というものが大きく揺らいできています。
少子化、大学全入時代の到来、ゆとり教育からの転換、
総合的学習の導入。教育を取り巻く話題は尽きることはありません。
そんな時代の中、本当の教育とは何なのか。
その答えに近づける考えが、今回、三門誠先生の取材によって見えてきました。


負けず嫌いな男、三門誠

三門誠という男が教育の世界に殴りこんだきっかけは、
もしかすると些細なことかもしれません。
当時、スーパーの鮮魚店にて勤務していた彼は、あるとき妻と口論になりました。
価値観の違いからです。
教員である妻にとって子どもは物事を教えられるべき存在であり、
そこには大きな上下関係が感じられました。
企業に勤める彼には違和感がありました。
教育とはいえ、それはサービス業の一種。
子どもに教育という最高のサービスを提供し、
その子の成長という何ものにも代えがたい報酬を得る。
「勉強を教える」ということだけじゃない。
将来、独り立ちする子どもたちの成長の手助けをする。
それがその大きな上下関係からできるのか。
考え方の違う二人の口論は平行線でした。

「よし、それなら俺が教育の世界に飛び込んでやる。」

教育者、三門誠の人生が始まりました。

面談&カウンセリングルームです!!!
カウンセリングルームです!
ここでは、生徒さん・保護者の皆さんと進路や勉強法について話し合いを行います


集団塾での限界


集団塾の講師として新たにスタートを切った彼は、
その情熱をもって教育に取り組みました。
熱意のあまり授業後に生徒さんを泣かせてしまうこともありました。
その子の成長を祈って、厳しい態度を取ることも・・・・。
それでも生徒さんは応えてくれました。
しかし、しばらくするとその現場にもギャップを感じるようになりました。
2、30人からなる授業ではどうしても教育効果に限界が感じられたのです。
成績の違い、理解力の違い、環境の違い。
多様な生徒さん一人一人に対応することは難しい・・・。
その環境から見えてきた集団塾の限界、
それは「成績の良い、広告塔になる子供」をターゲットにした授業でした。
他の子は置き去りでした。

「こんなもの、サギじゃないか…。」

彼は新たな教育の形を模索することになります。


正学館との出会い

集団塾という形から個別塾というスタイルに転身を図る際、正学館と出会いました。
さまざまな個別塾の中でピンときました。ここだ。
最初は直感でした。

「校舎がいい。子どもが活発。環境に惚れた。
入社するとともに考えに惚れた。
子ども一人一人に対応し、目標を設定する。
それがとても大きな目標であったとしても、小さな成功体験を積み重ね、自信と実力をつける。
そこには学ぶ喜びがある。
喜びがあれば、努力する習慣がつく。
結果、目標を達成し、成長を遂げていくことができる。
受験のためだけの勉強じゃない、生徒が将来、自立、自律し
一人前になっていくための手助けができる。
これは小学校から大学入学まで、
長期的に子どもの教育を見ることができる、ここでしか出来ない。」

夏見台校校長です!
毎回、授業で何をやったのか、校長先生がチェックをします


喜び、夢

現在、船橋夏見台校の校長としてたくさんの生徒さんを関わらせて頂き、
また、送り出していった彼は言います。

「まだやりたいことは尽きません。もっと密に生徒さんを見ていきたい。
生徒さんにとってもかゆいところに手が届くというか、
本人も気づいていないような問題の解決をしていきたいんです。」


三門先生の熱い思いを受け、船橋夏見台校に
通う生徒さんはいよいよ100人を越えます。
彼の教育への考えは生徒・保護者の皆様に着実に支持されています。
勉強を通じて、児童、生徒自身の本当の成長を助ける。
その考えが必要とされていることの何よりの証拠なのです。

この問題分かるかな??
個別だから質問がしやすいんです!!!!

いかがですか?
三門先生の熱い思い、受け取っていただけましたでしょうか?

三門先生をはじめ、
正学館の校長先生は教育への熱い思いに溢れています。
生徒さんの人生を切り拓いていくお手伝いをしたい、
そんな気持ちでいます

勉強の悩み、進路の悩み、なんでもご相談ください!お気軽に校舎までお問い合わせください!
お問い合わせはこちらをクリック!

資料請求のお問い合わせはこちらをクリック

体験授業のお申込みはこちらをクリック 

‘‘目標達成までの道’’はこちらをクリック

各校舎への連絡先はこちらをクリック



該当の記事は見つかりませんでした。