個別学習指導塾『正学館』公式BLOG

―偏差値50台から国公立、早慶上理も夢じゃない!―

一人ひとりを完全サポート!
千葉県市川市・船橋市・柏市内に展開中。
地域密着型個別学習指導塾『正学館』のスタッフブログです。

↓↓↓ 紹介動画 公開中! ↓↓↓

▼合格者インタビュー | 個別指導塾 市川 船橋 柏 正学館

■■合格者インタビュー■■

本格的に寒さが増してきた今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

正学館で嬉しいニュースが飛び込んでまいりました!
東進衛星予備校に通う生徒さんが見事指定校推薦で
第一志望の大学に合格を果たしました
今日は生徒さんの合格インタビューをお届けします!!

M・Iさん
学習院女子大学 国際文化交流学部 国際コミュニケーション学科 合格!!
現在、東進衛星予備校下総中山南口校に通われています。
指定校推薦を勝ち取るまでの道のりはどのようなものだったのでしょうか?

早速インタビュースタートです!

合格おめでとうございます!
            校長先生と2ショット
                      (写真左:M・Iさん 右:桐原校長)

Q1:いつ頃から大学受験を意識していましたか?

A:大学受験は高校に入った時点で意識をしていました。
4月に高校の卒業生が来て大学の話などをしてくれる機会があったのですが、
その時に環境や貧困に関して学んでいる先輩の話を聞いて興味を持ちました。
元々中学受験のときから日本史が好きで世界大戦の話に衝撃を受け、
戦争について考えたり、アフリカや中東のドキュメンタリーを見て
自分の生活とあまりに違う事を知り、そういう学問に携わりたい
という気持ちもあったので先輩の話を聞くことでより興味が深まりました。
そのためそういった分野が学べる大学に行きたいと考えるようになりました。

Q2:志望校を決めた理由はなんですか?

A:まず立地や交通手段などの問題もあるので
自宅から通える範囲内の大学をピックアップしました。
色々と選択肢はあったのですが、
学習院女子大学は海外での研修制度が充実しており、
短期で研修に行けることが大きかったです。
また高校時代ずっとやっていたチアリーディングを
大学で続けたかった事もあり、勉強と部活を両立できそうだと感じたので決めました。
また私の名前には「桜」という漢字が使われていて、
学習院女子大学のシンボルも桜だったので
何か運命的なものを感じたというのも理由の一つです。

志望校向けて頑張るぞ!
東進の個別ブースの様子です

Q3:指定校推薦をとるためにどんな風に勉強していましたか?

A:指定校推薦を取るためには
一定の評定平均値が必要となるので
1年生のときから毎日授業の予習・復習はやっていました。

Q4:東進衛星予備校に入ったのはなぜですか?

A:学習院女子大学に行くための計画として
指定校推薦でいけたらベストだと思っていましたが、
もしもダメだったときは公募推薦を受けようと思っていました。
公募もダメだった場合には一般受験をしようと思っていたので、
授業の勉強以外にも受験のための勉強をしておこうと思い東進に通いました。
また、学習院女子大学は英語の評定を重視していて
評定平均4以上の評価が必要でしたが、
私は英語が苦手で1回でも3をとってしまうと
志望校を変えなくてはならない状況だったので英語の勉強を
強化したいという理由もあります。

綺麗だとやる気も倍増!
去年できたばかりのピッカピカの校舎です

Q5:東進衛星予備校に通ってよかったことはなんですか?

A:大人数の授業だと授業の内容が聞き取りにくいですが、
東進の映像授業は個別のブースなので
集中した空間で講義を受けられる事が良かったです。
あとは部活帰りに授業を受けるとどうしても眠くなってしまうときがありました。
でももし少し寝てしまっても
ビデオを巻き戻して見ることが出来るので
部活との両立をする面で自分のペースで勉強できたのが良かったです。

Q6:東進での勉強と家庭での勉強とどのようにこなしていましたか?

A:きちんとスケジュールを立てながら進めました。
頭の中で大まかなスケジュールはいつも考えていて、
テスト前までの細かなスケジュールを詰めていきました。
テストの2週間前は基本的には東進には行かず学校の定期テストの勉強をするので
その前に東進の授業を受けられるようほとんど毎日東進に通いました。
学校の勉強は習ったことは即復習をして
暗記物は電車の中で行うなどしていました。
あとは手帳にテキストの何ページまでやるかなどを細かく書き込みながら計画を立てました。

わかるかな??
お隣には個別指導塾が併設してあるのでわからないことは講師に質問できます

Q7:勉強をやめたいと思った事はありますか?


A:毎回定期テストの点数は落とせないし、
通知表をもらうときもいつもドキドキしていましたしプレッシャーもありました。
でも志望校に行くためには指定校が一番の近道だと分かっていたし、
ここまで頑張ってきたのに途中で諦めたくないという気持ちがあったので
辛い時でも勉強をやめようとは思いませんでした。


Q8:大学に行ったらどんな生活を送りたいですか?

A:まずは環境や貧困の問題に関わる授業があるのでそれがとても楽しみです。
またチアリーディングも続けながら海外研修などに行って
英語圏の人々と友達になってコミュニケーションをとれるようになりたいです。
忙しいけど充実した日々を送りたいと思います。


共有スペースでは大学情報を調べたりもできます

何を調べるかな??
大学関連の資料も多数揃えてありますよ

Q9:最後にこれから高校生になる皆さんにアドバイスをお願いします。

私は志望校を早くに決めておいてよかったと思います。
高校3年生になって志望校は決まらないけれど勉強をしなくてはいけない
といった状況の人も沢山います。
でも目標を持って勉強をしたほうが自分に厳しくなれるし勉強も頑張れます。
皆さんも頑張ってください。


M・Iさんどうもありがとうございました!

早い段階から志望校を決め、しっかりとゴール設計を描いたM・Iさん。
何よりも本人の学習院女子大学へ行きたい!
という熱意が今回の合格に繋がったんですね!!

合格おめでとうございます

目標はすぐに見つかるものではないかもしれません。
でも自分が何に興味があるのか、どんなことが好きなのか、
ちょっと考えてみるだけでも目標を見つける第一歩なんです。
正学館でも皆さんの夢・目標を一緒に探していきたいと考えています。
校長・講師が力をあわせて皆さんの未来をサポートさせていただきます!

進路のこと、勉強のことどんなことでも構いません。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらをクリック

東進衛星用予備校に関してはこちらをクリック

高校生のカリキュラムに関してはこちらをクリック

‘‘生徒の一日’’に関してはこちらをクリック

合格者インタビュー(大学受験編)はこちらをクリック
該当の記事は見つかりませんでした。