個別学習指導塾『正学館』公式BLOG

―偏差値50台から国公立、早慶上理も夢じゃない!―

一人ひとりを完全サポート!
千葉県市川市・船橋市・柏市内に展開中。
地域密着型個別学習指導塾『正学館』のスタッフブログです。

↓↓↓ 紹介動画 公開中! ↓↓↓

▼2021年度合格者インタビュー!-高校受験⑱

いつも正学館ブログをご覧いただきありがとうございます!

今回も合格者インタビューをお届けします!
高校受験を終えた船橋夏見台校の生徒にお話を聞きました。


**合格者インタビュー**
☆薬園台高校 合格!☆ (夏見台校 Hさん)

■ いつ頃から正学館に通い始めましたか?

中3の春、休校期間中に通い始めました。

■ 正学館に通おうと思ったきっかけは何ですか?

姉が通っていたからです。姉から塾の話を聞いて、楽しそうだなと感じたことも理由の一つです。
また、受験を控えているのにこのままの勉強法でいいのか、という不安や
学校の定期テストでもっとしっかり点数をとりたいという思いがあったからです。


■ 正学館の先生はどんな先生ですか?

とても優しく温かい先生方です。
自習中も相談するとアドバイスや課題をくださったりしました。
先生方の存在は私にとって大きいもので、たくさん支えられ、助けられました。
受験の時に頂いた応援メッセージは私の宝物です。

■夏期講習・冬期講習ではどのような学習をしましたか?
【夏期講習】

数学・社会・理科の三科目を受講し、
基礎を固め、苦手をつぶすことを意識しながら日々学習していました。
数学では苦手な単元の復習をしたり、
社会や理科では基礎的な部分の復習をしたりと、ひたすら問題をこなしていました。
夏休み中に多くの学校で説明会があったこともあり、
この頃から自分の偏差値を意識したり、志望校について具体的に考えるようになり、
勉強に対する熱量も徐々に上がっていきました。

【冬期講習】

毎日のように塾に通い、朝から夜まで勉強していました。
冬期講習では五科目全て受講したことで必然的に勉強量も増えました。
段々と焦りや不安の気持ちが芽生え、必死に勉強していました。
上手く自分で自習することができず困っていましたが、
先生方が私の足りない部分を補えるよう課題を出してくれたり、
こういうことがやりたいと伝えれば探してきてくれてサポートしてくださいました。
そのお陰で着実に力を伸ばしていきました。

■ 受験勉強中、大変だったこと、苦労したことは何ですか?
また、それをどうやって乗り越えましたか?


とにかく不安で何度も挫けそうになりました。
過去問で思ったほど点数が取れなかったり、模試での判定の悪さに嫌気がさしたことは何度もありました。
また、公立の本命前に受験した私立に落ちて自信もあまりありませんでした。
落ちることに悔しさや悲しさを味わったことで強くなった部分もありますが、
それ以上に怖さの方が大きくプレッシャーも大きかったです。
ですが、正学館の先生方にたくさん励ましてもらい力をもらいました。
また、これまでやってきた自分を信じようと決めて頑張りました。

■ 受験勉強中、心の支えとなったものは何ですか?

一緒に勉強してきた中3の仲間です。
諦めてしまいたくなった時も、辛くなった時も
横で頑張っている仲間を見れば頑張ろうと思うことができました。
一緒に走り続ける仲間がいてくれたからこそ逃げずに頑張ることができました!

■ 受験勉強を通して、自分自身どのように成長したと思いますか?

コツコツと努力できるようになったなと思います。
今までコツコツと何かの為に努力することは得意ではありませんでしたが、
努力を重ね結果が出た時の達成感や喜びを知って、努力を続けることの楽しさを覚えました。

■ 正学館に通って良かったなと思うことは何ですか?

先生方に出会えたことです。
どんな時でも支えてくれて励ましてくれました。
先生方の経験談はとてもためになったし、勇気や力をもらえました。
先生方ありきの合格であり、先生方は合格に不可欠でした。
何よりこんなにも信頼し、尊敬できる人に出会えたことが嬉しかったです。

■ 高校に入学したらどんなことをがんばりますか?

勉強です。
3年生に進級してから、1・2年生の時にこうしていれば良かったなと感じることばかりでした。
高校ではそうならないように毎日コツコツ積み重ねていきたいです。

■ 正学館をひと言で言うなら?

第二の家であり、家族。

■ 後輩たちへメッセージをお願いします!

受験生として過ごす一年間は振り返ってみるとあっという間の一年でした。
でも、そのあっという間の一年はどの一年よりも濃く実りのあるものでした。
どんな一年にするか、これからの人生を決めるのはこの一年の自分の頑張りにかかっています。
頑張ってください、応援しています!!





**ありがとうございました!**

該当の記事は見つかりませんでした。